地中連続壁工事なら
日本ジオスにお任せください

地中連続壁工法のご紹介

地中連続壁工法とは、地下を溝状に掘削した後、その溝にあらかじめ製作しておいた鉄筋籠を挿入し、トレミー管を使用してコンクリートを打設することで、地中に山留め壁や止水壁、構造物を構築する工法です。

近年、用途の拡大および特殊工法の進歩により、いろいろな現場条件にも対応可能なものとなり、広く利用されています。

弊社では、空頭制限のある現場でも、低空頭型のMRD(低空頭台車)機を使用して地中連続壁工法の施工が可能です。

地中連続壁工法のご依頼は、本体壁、山留め壁など100件を超える工事実績を持つ日本ジオスにお任せください。
お客様のニーズに合わせた施工を行うことが可能です。

地中連続壁工法

特徴1 低空頭にも対応

低空頭タイプの掘削機(MRD機)を用意しております。また、バケットタイプもご用意しております。

特徴2 玉石等の掘削にも対応

掘削が困難な土質をはじめ、玉石を含む砂礫層のような土質でも掘削が可能です。

特徴3 高精度な掘削が可能

特殊傾斜計装置と本体内蔵の姿勢制御装置により、高い精度での掘削作業が可能です。

地中連壁工法はこんな用途に利用されています

今まで地中連壁工法が採用された理由

近年、環境・インフラ等で施工条件が厳しくなり、大深度、大壁厚の工事が増え、掘削により精度を求められるようになりました。そのため、この工法が採用されるようになりました。

主なものとして

  • シールドの立坑
  • LNGのタンク
  • 大深度の山留壁
工場内、橋梁下、地下、線路内などの狭隘部での施工

日本ジオスが保有する地中連続壁工法の機械について

水平多軸式 EMX掘削機

EMX掘削機とは、大規模地下工事に用いられ、ドリル本体に強力なポンプを内蔵し、姿勢制御装置による精度管理システムを用いて、高能率・高精度な掘削が可能です。

  • これまでのクレーン吊り下げ型に比べて、高さがないので低空頭現場での活用が可能です
  • コンクリートカッティングにも対応しているので、ニーズに合わせた利用が可能です
  • MRD(低空頭台車)に搭載すれば、都心部で増えている空頭や狭隘で制限を受ける現場に最適です!
  • 掘削幅700~3,200mmまで施工可能
水平多軸式 EMX掘削機
型式 EMX-150 EMX-240 EMX-320 EMX-150 低空頭型
壁厚(mm) 700~1,500 1,200~2,400 2,000~3,200 700~1,500
掘削長(mm) 3,200 2,400 3,200 3,200
掘削深度(m) 150 150 150 60
重量 ドリル本体(t) 約30(壁厚1,500) 約34(壁厚2,400) 約55(壁厚3,200) 約25(壁厚850)
高さ ドリル本体(m) 8.2 7.2 7.2 5.5 ※

※MRD本体高さは6~7mまで対応

バケット式 MEH掘削機

MEH掘削機は、バケット内に油圧ユニットを内蔵しており、開閉を行うことができる掘削機です。高い掘削能力を誇り、傾斜計による姿勢制御が可能で高精度な掘削が可能です。また、90tもしくは100tのクローラークレーンに吊り下げて利用します。

  • 掘削バケットに油圧ユニットを内蔵しているので、高い掘削能力を誇ります
  • 傾斜計と前後調整ガイドにより、1/500以上の掘削精度を誇ります
  • 掘削幅800~1,500mmまで施工可能なので、ニーズに合わせた施工を行うことができます
バケット式 MEH掘削機
型式 MEH-80150 MEH-1015
壁厚(mm) 800~1,500 1,000~1,500
掘削長(mm) 3,200 3,200
掘削深度(m) 150 150
最大重量(t) 29.4 31.0
高さ バケット閉時(mm) 8,913 8,450
高さ バケット開時(mm) 8,155 7,700

バケット式 MHS掘削機(低空等型)

MHS掘削機は、MHL掘削機を改造し、低空頭仕様に変えた掘削機です。空頭7mから施工可能です。また、ベースマシンは0.7バックホウのベースを使用しています。

  • 空頭制限7mから施工可能です
  • 傾斜計と前後調整ガイドにより、1/500以上の掘削精度を誇ります
  • 掘削幅600mm~1,000mmまで施工可能なので、ニーズに合わせた施工を行うことができます
バケット式 MEH掘削機
型式 MHS
壁厚(mm) 1,000
掘削長(mm) 2,200
掘削深度(m) MAX50(土質による)
最大重量(t) 10
高さ バケット閉時(mm) 4,400
高さ バケット開時(mm) 3,880

バケット式 MHL掘削機

MHL掘削機は、電動油圧式クラムシェルバケットの採用により、掘削困難な軟土質や玉石層の掘削に活躍します。用途として、土留め壁、山留め壁、遮水壁などあらゆる用途での利用が可能な掘削機です。
50tのクローラークレーンで吊り下げて利用します。

  • 軟土質や、玉石層のような地質、地盤でも掘削することが可能です
  • 傾斜計と前後調整ガイドにより、1/500以上の掘削精度を誇ります
  • 掘削幅600~1,200mmまで施工可能
バケット式 MHL掘削機
型式 MHL-60100 MHL-80120
壁厚(mm) 600~1,000 800~1,000
掘削長(mm) 2,700 2,700
掘削深度(m) 55 55
最大重量(t) 14.1 13.3
高さ バケット閉時(mm) 7,000 7,000
高さ バケット開時(mm) 6,260 6,260

日本ジオスへの資料請求・お問い合わせはこちら

お電話でのご相談

047-309-4771
営業時間:9:00~18:00 ※土日祝を除く

メールでのご相談






総合カタログPSP工法LHBW工法地中連壁工法