基礎工事の低空頭・狭隘部の施工なら
日本ジオスにお任せください!

低空頭・狭隘部工事のパイオニア、日本ジオス株式会社なら
「高さ5m」からの施工が可能です!

資料請求・見積依頼はこちらから

日本ジオス株式会社が選ばれる理由

日本ジオス株式会社は、低空頭、狭隘部工事のパイオニアとして25年の歴史を誇る建設会社です。
新技術情報を扱う、国土交通省のNETISシステムへの登録も行っており、国土交通省から正式に「新技術を持っている会社」として認められています。

「低空頭で機械が入らず作業ができない。どうにかならないか?」
そんなお客様のお悩みを解決することがきっかけで、一から施工機械の自社開発を始めました。

高さ5mからの低空頭・狭隘部の施工にも自社機で対応させていただきます。まずはご相談ください。

低空頭での施工が可能

低空頭での施工が可能

高速道路・高架下など、対応が難しい空頭制限のある場所での掘削作業の実績が豊富です。

狭隘部での施工も可能

狭隘部での施工も可能

低空頭だけでなく、地下鉄、線路、橋梁下などの狭隘部での、鋼管杭圧入や撤去作業も実績豊富です。

専用の自社機を所有

専用の自社機を所有

日本ジオスでは、お客様の難しい要望に合わせて自社機の開発も行っています。施工のご相談お待ちしております。

日本ジオス株式会社の低空頭・狭隘部施工の工法紹介

PSP工法
低空頭(5m)の障害撤去なら

PSP工法

PSP工法は「低空頭・狭隘部」の障害撤去に利用され、空頭制限のある現場でも5mあれば、鋼管杭圧入や、地中障害撤去の施工が可能です。

LHBW工法
超低空頭(4m)の施工なら

LHBW工法

5軸のドリルを取り付けたマシンに、キャタピラをつけ、機動性を確保しながら山留壁を構築する工法。4mの超低空頭環境での施工も可能です。

地中連壁工事
大規模地下工事なら

地中連壁工事

地下を溝状に掘削し、予め制作しておいた鉄筋籠を溝に挿入。コンクリートを打設することで地中に山留壁や止水壁・溝造物の基礎を構築する工法です。

日本ジオス株式会社からのお知らせ

日本ジオスへの資料請求・お問い合わせはこちら

お電話でのご相談

047-309-4771
営業時間:9:00~18:00 ※土日祝を除く

メールでのご相談






総合カタログPSP工法LHBW工法地中連壁工法